八千代黒牛の魅力

八千代黒牛は千葉県の銘柄牛の1つであり、八千代ビーフで有名な千葉県北部酪農農業協同組合に所属している畜産農家によって肥育されている牛であります。品種としては黒毛和種とホルスタイン種の交配による交雑種となっています。同組合においてはホルスタイン種である八千代ビーフの肥育農家が多いのですが、一部の農家において黒毛和種や交雑種である八千代黒牛の肥育が行われています。

米沢牛 しゃぶしゃぶ

八千代黒牛はその成長段階によって与える餌を違うようにし、子牛の時は免疫を高めるために極力母乳を与え、肥育段階になれば十分な栄養価のある飼料を与えて育てています。その餌の与え方の配慮によって、八千代黒牛はとても高い品質の肉をつけることが可能になっています。また、このような成長段階による餌への配慮ができるのは、素牛から肥育に至るまで一貫して牛を育てる農家が多いからです。

茨城県動物指導センター

肉質としてはホルスタイン種の持つ肉付きの良さに加えて、黒毛和種の持つ脂身の乗りが良いという特性が加わることから、とても綺麗な霜降り肉になります。そして脂身には不飽和脂肪酸が多く含まれている傾向があることから、食感としても口に入れた瞬間にとろけるような感覚がするなど、肉の品質としても高い評価を得ています。また、ホルスタイン種との交雑種であるということもあり、一般的な黒毛和種の肉よりも比較的安価に市場へと供給することができますので、消費者である私たちが購入する段に至っても安く手に入れられるのも大きな魅力の1つとなっているのです。

豚枝肉棘突起分離装置 : 製品情報 | 株式会社 前川製作所

衛生面や安全面への配慮としても、産地などが分かるトレーサビリティシステムを導入していることから、安心して口にすることができます。